通販ノウハウ満載の通販・ECブログ | アパレルECサイト・Eコマース担当者必見の通販戦略やファッションコラムが充実

BLOG 通販担当者必見のノウハウや注目事例が満載。あなたのビジネスに貢献する通販ブログ

ヒト・コト・モノ。三拍子揃ったSupremeのポスター

2015.11.10:体験レポート
ヒト・コト・モノ。三拍子揃ったSupremeのポスター

こんにちは野田 (@KURUZE) です。

今回は、コメンテーターとして参加 ( よろしければフォローお願いします ) させていただいてるTHE FLAGのイシュー【あの広告覚えてる?】について。

裏原宿が大好きなストリートキッズだった僕にとって強烈に印象に残っている広告といえば、なんといってもSupremeのポスターです。

今年はニールヤングでしたが、レディースブランドに勤めていた2012年にケイトモスがモデルを務めた際は、周りのざわつきが本当に凄かった。109系ブランドの女性がみんなSupreme、SupremeといってあのポスターとTシャツを探している。裏原育ちの僕としては、本当に異様な光景でした(笑)。

ということで今回は、ヒト・コト・モノが見事にリンクしたSupremeのポスターについての想い出を少々。

タイトル画像: icon-external-link dianepernet.typepad.com

ヒト
個人的ベストワンはカーミット!

これまでも多くの有名人が登場してきたSupremeのポスター。下記のまとめで詳しくはご覧いただけますが、特に話題になったのはケイトモス、マイクタイソン、レディー・ガガあたりでしょうか。

個人的には2008年のカーミットがツボでした。鬼才テリー・リチャードソンとの絡みも手慣れたもので、下の動画を見た直後にビルド・ア・ベアワークショップで白Tシャツのカーミットを作りにいったことを思い出しました(笑)。

【 参考記事 】
世界中の壁をゲリラジャック!”Supreme”の歴代ポスターまとめ

 

コト
一見するとイリーガル。ストリートブランドならではの告知方法に脱帽

今やすっかりお馴染みですが、突如として街にポスターが大量に貼り出されるゲリラキャンペーンも名物の1つですよね。名実ともにストリートNO.1ブランドになった今もなおイリーガルな匂いを残してる。

雑誌時代、人気が出てお金を手にすると段々とテイストが変わっていくブランドを数多くみてきました。進化と言えば聞こえはいいのですが、大抵はブレているんです。

でもSupremeからは常にストリート感が漂っている。このブレないスタンスがあるからこそ説得力が生まれ、昔からのファンも納得し新しいファンも獲得していけるのだと思います。

 

モノ
ロゴだけで無条件降伏。ボックスロゴ最強説

あくまで僕の中だけですが【 ( Supremeの ) ボックスロゴ最強説 】というのがあって、あのロゴさえ付けば例外なくカッコ良いものに見えてしまうという法則があります。バットだろうが、グローブだろうが、消化器だろうが、絶対使わないのに買ってしまう。そういう人多いと思います。

でもポスターでは、そんな (僕の中で) 世界最強のロゴをあえて入れておりません。そのロゴが入ったTシャツを着ているだけ。どうですこの自信。昔の裏原の「買わせていただく感」を彷彿させるようなもったいぶり感。分かっていても惹かれてしまう、1番やっかいなパターンです(笑)。

【 参考記事 】
Supremeの歴代100個以上のブランドロゴマークがかっこいい件について【メンズファッション】
15 of the Most Obscure Supreme Box Logo Tees 

以上、ヒト・コト・モノと三拍子揃ったSupremeのポスターが私の中のNO.1。
次は誰になるのか? 楽しみに待ちたいと思います。

The following two tabs change content below.
野田 大介

野田 大介

株式会社ファナティック代表取締役 / 買い物中毒のファッション通販アドバイザー
月刊誌Ollie magazineの編集者からキャリアをスタート。その後は、フリーライターとしてhoneyee.comやLightningなどでの執筆、複数のアパレル企業で商品企画、生産管理、店舗/卸営業、通販業務を歴任。現場の最前線で培った通販の運用実積に加え、メディア業界で培ったコンテンツ・マネージメント力、そして長年のアパレル経験と、アパレル通販を運営する上で必要な知識と現場経験の両面を網羅。趣味、というか生きがいは「買い物」

この記事を読んだ方へおすすめ

PAGE TOP