通販ノウハウ満載の通販・ECブログ | アパレルECサイト・Eコマース担当者必見の通販戦略やファッションコラムが充実

BLOG 通販担当者必見のノウハウや注目事例が満載。あなたのビジネスに貢献する通販ブログ

従来より倍以上の効果!LINE@の配信を自由にデザインできる機能をWazzUp!に追加!

2017.11.19:告知
従来より倍以上の効果!LINE@の配信を自由にデザインできる機能をWazzUp!に追加!

どうも!買い物中毒のファション通販アドバイザーの野田(@KURUZE)です。お買い物してますか?

新着商品や新着コーディネート、ランキングといった通販サイト上の更新情報を「登録から配信まで、すべて完全自動で LINE 配信」できる WazzUp!は、高価な連携開発も一切不要で月額5万円ということもありSHIBUYA109さんやフランドルさんなど、現在10を超えるアカウントでご利用いただいております。

そんな WazzUp!がこの度、従来より2〜3倍以上の効果が期待できるアップデートを完了しました。

 

配信を自由にデザインできる機能を追加!

今回のアップデートによって、HTMLメールを配信するかのようにバナーや商品、ボタンといったパーツを組み合わせることで、自由自在にLINE@のメッセージをデザインできるようになりました。

通常、LINE@で配信できる画像のサイズには規定があり、配信できるメッセージの内容は単一的になりがちでした。

でも今回のアップデートによりWazzUp!を使うことで、縦長のバナーを1枚・その下に横長のバナーを1枚・その下に商品を6つ・その下にボタンを1つなど「バナー・商品・ボタン」のパーツを自由に組み合わせ配信することが可能に。

push

商品については通販サイトの「新商品」や「ランキング」といった箇所から自動で取得してくるので、1度フォーマットを設定すれば、あとは商品情報の登録から配信までは完全に自動。

普段は新着商品や新着コーディネートを自動で配信しつつ、何かイベントがある際には手動でバナーを追加してイベントページへリンクさせる。そんな効率的な運用が可能になります。

またバナーは正方形だけでなく、縦に長いバナーでも横に細いバナーでも追加できるので、通販サイトにあるバナーをリサイズすることなくそのまま流用可能。バナーやボタンにはリンクを3箇所まで設置できます。

枚数は3枚まで追加可能なので「ランディングページをそのままLINEで配信する」そんな離れ業もできるようになりました!

パターン

 

新しい配信方式での効果はクリック率・購入率共に 2倍 〜 3倍!

テスト運用をしていたアカウントでこの配信方式に変えたところ、従来の配信方式と比べクリック率・購入率共に 2倍 〜 3倍もの効果が得られています。

この機能は月額5万円 (税別) から契約可能な WazzUp!すべてのプランで使用可能。年内には通販サイトでのカート落ちや再入荷リクエストなどもLINE@で配信可能になるので、高価なビジネスコネクトを使うことなく LINE@ でも WazzUp!を使うことで安価に同等 ( =自動配信なのでそれ以上かも ) のことができるようになります。

現状、LINE@以上に費用対効果が高いツールはそうそうないと思いますが、手間のかかる運用を自動化しつつ、さらに効果を高めてくれる WazzUp!を入れれば最強のツールになります。

アパレルに限らず新商品や人気ランキングがある通販サイトを運営している方にとって、新着情報の配信を自動化して、カート落ちや再入荷のお知らせを効果絶大なLINEで配信したいというのは共通の願い。

それを公式アカウントやビジネスコネクトなど、月額250万や50万なんて高額な費用を払わずともLINE@とWazzUp!の最強コンビなら5万円〜という手軽な価格で実現可能です。

すべてのサイトに共通して言えることは「売上を上げるには行動あるのみ!」。

まずは「問い合わせる」という行動からいかがでしょうか? 絶対後悔はさせません。


WazzUp!のお問い合わせはこちらから

The following two tabs change content below.
野田 大介

野田 大介

株式会社ファナティック代表取締役 / 買い物中毒のファッション通販アドバイザー
月刊誌Ollie magazineの編集者からキャリアをスタート。その後は、フリーライターとしてhoneyee.comやLightningなどでの執筆、複数のアパレル企業で商品企画、生産管理、店舗/卸営業、通販業務を歴任。現場の最前線で培った通販の運用実積に加え、メディア業界で培ったコンテンツ・マネージメント力、そして長年のアパレル経験と、アパレル通販を運営する上で必要な知識と現場経験の両面を網羅。趣味、というか生きがいは「買い物」

この記事を読んだ方へおすすめ

PAGE TOP