通販ノウハウ満載の通販・ECブログ | アパレルECサイト・Eコマース担当者必見の通販戦略やファッションコラムが充実

BLOG 通販担当者必見のノウハウや注目事例が満載。あなたのビジネスに貢献する通販ブログ

LINE@のトークルームに入力されたキーワードが分かる!WazzUp!アップデートのご紹介

2017.08.30:事例紹介, 告知
LINE@のトークルームに入力されたキーワードが分かる!WazzUp!アップデートのご紹介

どうも!買い物中毒のファション通販アドバイザーの野田(@KURUZE)です。お買い物してますか?

今日のブログは、ボクたちが提供する WazzUp!のアップデートがあったので、そのご紹介です。

 

これまでは分からなかった、ユーザーが入力したキーワードが分かる!

今回追加されたのは「入力キーワード数」という機能。

これまでの LINE @ では、お友だちに追加した人がトークルームに何か話しかけてきても何が入力されたか分からず、多くの場合において「個別に返信できません」というような自動応答メッセージを返信していました ( =1to1トークは除く)。

しかし入力されたキーワードが分かれば 、 LINE@マネージャにある「キーワード応答メッセージ」で適切な返答内容を登録して返信することが可能になります。

そこで今回 WazzUp!に追加した機能である「入力キーワード数」を使うことで、下の写真のように指定した期間、トークルームに入力されたキーワードと回数を知ることができます。

keyword

その多くは WazzUp!の接客キーワードが大半を占めますが、この中にエラーを返してしまっているキーワードがあった場合、LINE@マネージャの「キーワード応答メッセージ」でリンク先や画像を登録すれば、お客様をサイトに呼び込むことができます。

例えば、上の画像でいうと下から4つめに「トレンチコート」というキーワードが13回入力されていると出ています。

しかしこれがエラーを返してしまっているキーワードだった場合、今までは「関連する情報がありません」と返していました。しかしLINE@マネージャの「キーワード応答メッセージ」でトレンチコートの商品一覧ページや商品詳細ページのURLを返すように設定すれば、トレンチコートを探している購入に限りなく近いお客様をサイトに呼び込むことが可能になります。

このように、たった数回程度のキーワードだとしても、今まで逃してしまっていたキーワードを1つ1つ丁寧に登録さえしていけば、それ以降はずっーとお客様をサイトに呼び込むことが可能になります。

この「入力キーワード数」の機能は、WazzUp!のすべてのプランでご利用いただけますので、是非活用してみてください!

これからもどんどんアップデートしていきますので、お楽しみに!

まずは話だけでも聞いてみたいという方は、下記のリンクからどうぞ!

WazzUp!お問い合わせ

 

The following two tabs change content below.
野田 大介

野田 大介

株式会社ファナティック代表取締役 / 買い物中毒のファッション通販アドバイザー
月刊誌Ollie magazineの編集者からキャリアをスタート。その後は、フリーライターとしてhoneyee.comやLightningなどでの執筆、複数のアパレル企業で商品企画、生産管理、店舗/卸営業、通販業務を歴任。現場の最前線で培った通販の運用実積に加え、メディア業界で培ったコンテンツ・マネージメント力、そして長年のアパレル経験と、アパレル通販を運営する上で必要な知識と現場経験の両面を網羅。趣味、というか生きがいは「買い物」

この記事を読んだ方へおすすめ

PAGE TOP