通販ノウハウ満載の通販・ECブログ | アパレルECサイト・Eコマース担当者必見の通販戦略やファッションコラムが充実

BLOG 通販担当者必見のノウハウや注目事例が満載。あなたのビジネスに貢献する通販ブログ

CATEGORY

ARCHIVE

記事を検索

Twitter 今週のお気に入りツィート 【 2016年4月8日〜4月14日 】

2016.04.17:事例紹介
Twitter 今週のお気に入りツィート 【 2016年4月8日〜4月14日 】

どうも!買い物中毒のファション通販アドバイザーの野田(@KURUZE)です。お買い物してますか?
今日は4月8日〜4月14日 の間に「いいね!」したツィート中から、お気に入りのツィートを厳選ピックアップ!

こんな人いたらメッセージください!写真もシェアもOKな写真展だったので、たくさん写真とってあるので、お友だちには共有しますよ。鑑賞にいった疑似体験できるかも。

未来っ!

いっつもトールを頼みつつ「S、M、Lだと分かりやすいんだけどなぁー」と思ってます。 

アイデアだなぁ。間違えてじゃなく良くてパクられそう(笑)。

分かる。使わないけど欲しくなるものって結構多い。このトリガーってなんだろう。今度思ったとき、ちゃんと要因を考えてみよ。何十回もやればヒント見つけるかも。そうしよう。

絶対うまい。

要件定義の際に、こういう遊び心を提案できる担当者とそれを受け入れるクライアント。良い関係性ですねー。

忘れちゃいけないやつですね(笑)。

激しく動きまくってます。

その通り!便利なクルマより乗りたくなるクルマ。僕もポロからディフェンダーに買い換えました。まったく両極端なクルマですが、不便でも個性あるディフェンダーの方が断然楽しいス。

そういえば、なんか陸運局からミラーの位置についての質問状みたいのが来てたな(苦笑)。それくらい個性派の方が「憎めないヤツ」で面白いス。

昔、あまりにも居場所がなくツラかったので、パレードを放棄して入り口で寝てたら大ケンカになりました。今はサービスを見に足を踏み入れてもいいかなと思う今日この頃。

なんか映像が。。。。こっちもっと綺麗だけど、電波届きづらいのかな? (笑)。

ご立派!ツィートしながらで好タイム。お疲れ様したっ!

自分を持っていて、全身でそれを表現していている。ただ何となくな生徒より、よっぽど頼もしい。

おめでとー。

本当に。まだ1000人いってないけど実質半年なんで。あと3ヶ月あればいくかなということで(笑)。

やるなぁー。

奇跡のタイミング。

 アヤーコのプロ意識には頭下がります。

余裕。せっかちすぎて、一生身につかないんじゃないかというこの究極のスキル。まずは葉巻かな〜(笑)。

気持ちいぃーーーーーーー! 友だちやフォロワーが少ない僕が言っても説得力のないことを、まさに言ってくれてます。 

良さげ。後でちょっくら。

ブログとかSNS見ていただけるお話って一番嬉しいスよね。 発信してない人は違う要因だと思っているんだろうけど、発信している人たちには分かる。そういう景色があることは事実です。

ダメ!絶対!

ダメ!絶対!

以下、記事から運用。

「働くなんて、一種の”余暇活動”でいい。人生を楽しむため、好きなことをするために会社に入るのが本来のあり方。極端なことを言えば、嫌いなことは、一切、やらなくてもいいとさえ思います」。

大賛成っス。 でもボーナスは圧倒的に差があってほしい。これが僕の仕事観。

 

 今週の My ベストツィート   

髪を触りながら想いを語る。美容師だったら一番のモテシーンなんじゃない?

似てるー!!!  あ、先程想いを語っていた方と同一人物です(笑)。

最後に僕の今週の想い出深いツィート。

SNSの特訓にもなるオススメの遊び方。

uracueって店です。これ火事の前日の出来事。無事で良かった!また行きまーす。

こっちもまた行きまーす。

これは是非、観てほしいな。 

以上、お気に入りツィートでした。もしよければ、下記のボタンからフォローして僕の他ツィートも見てください! 

The following two tabs change content below.
野田 大介

野田 大介

株式会社ファナティック代表取締役 / 買い物中毒のファッション通販アドバイザー
月刊誌Ollie magazineの編集者からキャリアをスタート。その後は、フリーライターとしてhoneyee.comやLightningなどでの執筆、複数のアパレル企業で商品企画、生産管理、店舗/卸営業、通販業務を歴任。現場の最前線で培った通販の運用実積に加え、メディア業界で培ったコンテンツ・マネージメント力、そして長年のアパレル経験と、アパレル通販を運営する上で必要な知識と現場経験の両面を網羅。趣味、というか生きがいは「買い物」

この記事を読んだ方へおすすめ

PAGE TOP