通販ノウハウ満載の通販・ECブログ | アパレルECサイト・Eコマース担当者必見の通販戦略やファッションコラムが充実

BLOG 通販担当者必見のノウハウや注目事例が満載。あなたのビジネスに貢献する通販ブログ

マイ・インターン|通販担当者が観るべき映画特集 Vol.1

マイ・インターン|通販担当者が観るべき映画特集 Vol.1

こんにちは。買い物中毒のファッション通販アドバイザー、野田 (@KURUZE) です。

今回のテーマは映画。通販担当者として楽しみながら何か学びを得られたらラッキー!ということで、通販担当者であれば見た方が良いと思われる映画をご紹介していきます。

第1回目の今回はファッション通販サイトが舞台となった、みんな大好き『マイ・インターン』のご紹介です。

タイトル・OGP画像:  映画『マイ・インターン』オフィシャルサイト

 

顧客第一主義!問い合わせ対応から梱包まで、きめ細やかなジュールズの仕事術に学ぶ!

簡単にあらすじを紹介すると、40年間の会社員人生を終え悠々自適な生活を送るベン (=ロバート・デ・ニーロ)。しかし社会との接点を持ち続けたいという想いが捨てきれず、ニューヨークのブルックリンでアパレルECを運営する「ABOUT THE FIT」のシニア・インターン制度へ応募。見事合格を果たし、敏腕社長ジュールズ (=アン・ハサウェイ) の元へ配属され徐々に信頼を獲得し、仕事とプライベート両面において彼女をサポートしていくというハートウォーミングなストーリー。

働く女性たちのバイブル『プラダを着た悪魔』のアシスタント役から9年、今度はファッション通販サイトの社長となったアン・ハサウェイの仕事や恋愛模様、そしてファッションに注目が集まる中、通販屋としてはアン・ハサウェイが役作りにあたってリサーチを行ったというNASTY GALの創業者ソフィア・アモルソやModa Operandiのローラ・サント・ドミンゴの影響も気になるところ。

とはいっても映画評論家ではないので本編についての感想は他の方に譲るとして、通販に携わる者として「顧客第一主義を貫くジュールズのきめ細やかさ」を学ばせていただきました。

映画でこんなシーンがあります。ある朝、出勤のためにベンがジュールズを自宅まで迎えにいくと朝の慌ただしい最中、ジュールズが自身のサイトで購入した荷物を開封しています。しかしその梱包を見て不満に感じたジュールズは、忙しい最中直接倉庫まで出向き配送スタッフを集めて梱包の指導を行います。

僕も携わったサイトがオープンした際には絶対購入するようにしています。例えそれがレディースであろうとも。しかしABOUT THE FITは、オープンして1年半経っている設定。やはり最初だけではなく定期的に購入して、緩みを修正していく緊張感が必要であるということを学ばせていただきました。

同様にカスタマーセンターでお客様のクレームに直接対応している姿も見習うべき姿勢だと思います。直接電話に出ることができなくても、サイボウズなどのメール共有システムでお客様とのやりとりを確認するとか、定期的に問い合わせ内容について共有・改善する場を設けるとか、いずれかの方法で問い合わせ内容やお客様の不満に耳を傾け、改善していくことも続けていかねばならない取り組みの1つだと再確認させていただきました。

 

あっ、ちなみに……

マイ・インターン見てファッション通販サイトに憧れを持った方に1つだけアドバイスを。実際はあそこまで華やかな現場ではないですよ(笑)。

倉庫をリノベーションしたオシャレなオフィスじゃないですし、社内を自転車で走り回れるようなスペースもありません。オシャレな人は多いですけど『セックス・アンド・ザ・シティ2』の衣装スタッフが手掛けたという最新ファッションを常に身にまとっている程ではありません(笑)。

何百枚と撮影・画像加工したり、延々と商品登録をしたりと、筋トレのような地道な作業を黙々とできる方でないと勤まらないのが現実。でもコツコツとやれば、確実にそれが成果となって現れる、そんな楽しい職場でもあります。

そんな両面を知った上で「それでもジュールズを目指したい!」という方は、是非ファッション通販業界へお越しください! 私がベンのようにいぶし銀の存在となってサポートさせていただきます(笑)。


以上、通販担当者であれば見た方が良いと思われる映画の1つ『マイ・インターン』をご紹介しました。

でも実は、通販が舞台の映画ってあんまりないんですよね。まだ2つしか見つけられていません(苦笑)。そのうちの1つがマイ・インターン。もう1つがE-DREAMS。映画好きな知り合いにも何人かリサーチしたのですが、なかなかレアなようでして……。

もし知っている方がいたら、TwitterでもFacebookでも何でも構わないので、是非教えてください!

The following two tabs change content below.
野田 大介

野田 大介

株式会社ファナティック代表取締役 / 買い物中毒のファッション通販アドバイザー
月刊誌Ollie magazineの編集者からキャリアをスタート。その後は、フリーライターとしてhoneyee.comやLightningなどでの執筆、複数のアパレル企業で商品企画、生産管理、店舗/卸営業、通販業務を歴任。現場の最前線で培った通販の運用実積に加え、メディア業界で培ったコンテンツ・マネージメント力、そして長年のアパレル経験と、アパレル通販を運営する上で必要な知識と現場経験の両面を網羅。趣味、というか生きがいは「買い物」

この記事を読んだ方へおすすめ

PAGE TOP