通販ノウハウ満載の通販・ECブログ | アパレルECサイト・Eコマース担当者必見の通販戦略やファッションコラムが充実

BLOG 通販担当者必見のノウハウや注目事例が満載。あなたのビジネスに貢献する通販ブログ

業務効率化にハズせない神アプリ Part.2 |買い物中毒のファッション通販アドバイザーのカートリスト

業務効率化にハズせない神アプリ Part.2 |買い物中毒のファッション通販アドバイザーのカートリスト

こんにちは。買い物中毒のファッション通販アドバイザー、野田 (@KURUZE) です。

最近の買い物は、iPad PROロジクールのキーボード付きケース。普段持ち歩いているバッグの重さを解消するため購入しました。しかし2つセットにするとノートPCくらいの重さ。さらにノートPCを手放すこともできず、結局さらにバッグが重くなるという日々を過ごしております。

前回から少し間があいてしまいましたが、今回は業務効率化に役立つアプリ紹介の2回目。よくおすすめアプリの紹介記事は見かけると思いますが、そこで紹介されているアプリを色々「お買い物」した結果、間違いなかった神アプリのみを厳選しています。

今回は、ECサイトやWEB構築や運営に携わる方に特におすすめしたいアプリを7つご紹介していきます。
※ ちなみに僕の使用機種がMACとiPhoneですので、その環境下での感想・価格となります。価格はすべて 2015年11月22日時点のものとなります

【参考記事】
業務効率化にハズせない神アプリ Part.1/買い物中毒のファッション通販アドバイザーのカートリスト

 

レスポンシブWEBデザインのサイトを見るには持ってこい!パソコンもスマホも同時表示できるDuo

立ち上げると2画面に分割されたウィンドウが開くDuo。デフォルトでは左がスマホで右がPCやタブレットでの画面が表示されます。当然、ブラウジングも同期しているので、片方の画面が遷移したらもう片方も遷移していきます。

duo
 icon-external-link リグナ株式会社

同一URLながらパソコンとスマホで別ソースを使用するダイナミックサービングの場合は役に立ちませんが、同一ソースを使用するレスポンシブWEBデザインを採用しているサイトを見る際には大活躍します。

値段は600円。自社のサイトがレスポンシブの場合、入れておくと良いと思います。

Duo
カテゴリ: 開発ツール, グラフィック&デザイン

 

メニューバーからGoogleアナリティクスの数字が見れる全EC関係者必須アプリ、Visits

数字を見るにはログインする必要があるGoogleアナリティクス。しかしVisitsをインストールするとメニューバーのアイコンをクリックするだけでサイトの主要な数値を表示してくれます。作業の合間のわずかな時間でサイトの現状を知ることができるので、僕も毎日というか1日少なくても10回以上は開く。そのくらい使用頻度が高く重宝しているアプリです。

visits

今日・昨日・週間・月間という区切りで集計を見ることができ、ページビューや訪問数、離脱率といった指標以外にも人気コンテンツや参照元、検索キーワードなどが確認できます。コンバージョンを見れないのが残念ですが、集客状況の速報値を知るには十分すぎる機能。

メニューバーのアイコンの横に訪問回数や訪問者数、ページビューなどが表示できるので目線を移動するだけで常にサイトの状況が分かるというメリットは計り知れません。プルダウンで表示サイトを切り替えることもできるので、これで600円なら買わない理由がないと思います。

外部リンクの獲得などで、急にアクセスが変化することがあるブログ運営者にもオススメのアプリとなります。

Visits
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化

 

一括で画像サイズの変更が可能なTh-MakerX。リネームや拡張子の変更も

ECの運営において1番憂鬱な作業と聞くと「大量の商品画像のリサイズ」という方が多いです。そういった方にご案内しているのが、このTh-MakerX。こちらを使用すれば面倒なリサイズ作業が1発で完了、、、という夢のツールとまでは現実的にいかないのですが、ある程度簡略化することができます。

指定のサイズに切り取ったり、縦横比を固定したまま長辺を指定のサイズに合わせたり、余白を追加して指定のサイズにしたり、様々なケースに対応します。ファイル名も一括で変更可能ですし、拡張子もjpgかpngか選ぶことができます。後はリサイズしたい画像をまとめてアプリ上にドロップするだけ。

Th-MakerX

白バックで商品がセンターにある、そんな撮影画像を一括でリサイズする場合には重宝すると思います。一旦Th-MakerXで粗々にカットして中央からズレたものだけ手動で変更するといった感じで、Th-MakerXで作業の一部を簡略化するという使用方法が現実的な運用になると思います。

お値段は無料ですので、是非ダウンロードして、どのカットの仕方が自社にあっているか試してみてください。

【 ダウンロードはこちら 】Th-MakerX

 

見た目にも優しい定番のFTPクライアントソフト Cyberduck

主にWebページのアップロード、場合によってはメール画像やバナー画像をサーバにアップする際に使用するFTPクライアント。

でも日本語対応じゃなかったり、アイコンがごちゃごちゃしてよく分からなかったり、ただでさえFTPクライアントって何ぞや?と思っている方も多い中、見た目が小難しそうなクライアントソフトは毛嫌いされます。

cyberduck

でもCyberduckは、非常に見た目がスッキリしていてとっつきやすい。トレードマークのアヒルも親しみやすさを倍増。新規接続もファイルのアップロードも非常にシンプルで分かりやすいので、初心者の方にもオススメのFTPクライアントとなります。

お値段は無料ですし、アヒルのアイコンがあるだけでデスクトップがちょっと華やかになりますよ(笑)。

【 ダウンロードはこちら 】Cyberduck

 

ほぼ劣化なしで画像の容量を圧縮してくれる JPEGmini

ECやブログのページを読み込む際、使用されている画像ファイルが重いと遅延を引き起こす可能性があります。そういったケースを避けるためにPhotoshopなどの画像加工ソフトでWEB用に保存して、画像を軽くしてアップするなど一手間かけていると思いますが、もう一手間かけることでさらに画像を軽くすることができます。

それがJPEGmini。使い方は簡単。立ち上げて圧縮したい画像を放り込むだけで勝手に容量を圧縮してくれます。大体50%くらいの重さになることが多いです。

jpegmini

無料で1日20枚まで圧縮可能なJPEGmini Lite。枚数制限のないJPEGmini 2,400円、さらに高速で高解像度の写真にも対応するJPEGmini PRO 17,800円と、3種類用意されております。ブログで使用する方は無料版で十分。通常のEC事業者であればJPEGminiでOK。画像処理が多い大規模事業者の方はPROを選択すると良いと思います。

またカメラマンの方にオススメしたいのが、PROを入れてAdobe Photoshop Lightroom と連携すること。そうすれば画像の品質を損なうことなく、軽い画像をクライアントに提供することができます。意外と気づかれない心配りかもしれませんが、そういう心使いが差を生みます。見てる人は見ているのでトライしてみてはいかがでしょうか?

JPEGmini Lite
カテゴリ: 写真, グラフィック&デザイン

 

パソコンの画面をそのままスマートフォンに映し出せる神アプリ LiveView

スマートフォンのサイト作成を行う際、ワイヤーフレームやデザインチェックの段階で実機チェックを行うのですが、変更がある度に画像に書き出してスマートフォンに送ったりサーバに入れたり、毎度毎度「チェックの準備」をするのは手間がかかります。

そんなときに活躍してくれるのがLiveView。同じネットワークに繋いだパソコンとスマートフォンにインストールしたLiveViewを双方で立ち上げると、画面にガイドが現れます。このガイドの中に表示されているものがリアルタイムでスマートフォンに表示されるという優れもの。

liveview
パソコンの画面に表示された灰色の四角で囲まれた部分 ( =内側の四角 ) が、スマートフォンに表示されています

面倒なチェックの準備がなくなることを思えば、1,200円は安すぎる。そんなお買い得アプリです

LiveView
カテゴリ: グラフィック&デザイン, ユーティリティ

 

ブログの執筆スピードアップに欠かせないMarsEdit

ワードプレスでブログを書いている方に、オススメなのがMarsEdit。こちらもオススメアプリとなると名前が絶対あがると思いますが、僕もそれを見て速攻で落としました。でも日本語未対応ですし、設定が手間だったのでずっと放置したまま(苦笑)。

元々、僕はブログを書くスピードが遅く、構成を考えたり調べる時間を含めると1本書き終わるのにどんなに早くても3〜4時間はかかってしまいます。

しかし更新頻度はもっと上げたい。そうなるとhtmlタグの指定や画像サイズ、文字修正の際の修正画面とプレビュー画面の行き来など、どうしても単純作業は簡略化していかないと時間の短縮が図れない。

そこで重い腰をあげてMarsEditを勉強して再設定。大分慣れてきた今は欠かせないアプリにまでなってくれました(笑)。感覚値的には30分くらいは短縮できるようになったのではないでしょうか? 食わず嫌いはよくないですね。

リアルタイムプレビューをはじめ、ドロップインで画像を指定サイズにリサイズ、リンク先の設定、定型文の呼び出しなどなど、そういう細かい作業が簡略化されるのでかなり重宝します。


Marsedit左がリアルタイムのプレビュー画面で、右の画面が入力画面

リアルタイムプレビューをはじめ、ドロップインで画像を指定サイズにリサイズ、リンク先の設定、定型文の呼び出しなどなど、そういう細かい作業が簡略化されるので、4,800円といえど絶対買いなアプリだと思います。

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化

 


以上、今回はECサイトの構築・運営に携わる方に向けて、自信を思ってオススメできる神アプリをご紹介しました。快適な構築/運営環境を築いて無駄な作業を減らし、お客様のことを考える時間が少しでも増えれば嬉しく思います!

The following two tabs change content below.
野田 大介

野田 大介

株式会社ファナティック代表取締役 / 買い物中毒のファッション通販アドバイザー
月刊誌Ollie magazineの編集者からキャリアをスタート。その後は、フリーライターとしてhoneyee.comやLightningなどでの執筆、複数のアパレル企業で商品企画、生産管理、店舗/卸営業、通販業務を歴任。現場の最前線で培った通販の運用実積に加え、メディア業界で培ったコンテンツ・マネージメント力、そして長年のアパレル経験と、アパレル通販を運営する上で必要な知識と現場経験の両面を網羅。趣味、というか生きがいは「買い物」

この記事を読んだ方へおすすめ

PAGE TOP