通販ノウハウ満載の通販・ECブログ | アパレルECサイト・Eコマース担当者必見の通販戦略やファッションコラムが充実

BLOG 通販担当者必見のノウハウや注目事例が満載。あなたのビジネスに貢献する通販ブログ

売上を上げる方法は「ダサくてできない」って思ってること

2016.05.29:ノウハウ
売上を上げる方法は「ダサくてできない」って思ってること

どうも!買い物中毒のファション通販アドバイザーの野田(@KURUZE)です。お買い物してますか?

今日は、最近気になった記事のご紹介から。

Instagramの投稿で購買につながるのは有名人より「友人・同僚の投稿」、女性インスタユーザー650人を調査

フォローしている友人や同僚によるInstagram内の投稿に対して、50%のユーザーが「実際に商品購入(店舗来店)をした経験がある」と回答。身近な人の投稿には、フォロワーの購買意欲を高める傾向があるという。 

一方、タレントやモデルなどの有名人の投稿に対しては、35%のユーザーが「実際に商品購入(店舗来店)をした経験がある」と回答。友人や同僚よりも15ポイント少ない結果となった。

ただし、有名人の投稿に対して「商品購入(店舗来店)したことはないが、気になってネットでの検索をしたことはある」と回答したユーザーは39%で、友人や同僚よりも12ポイント高く、有名人の投稿は、購買行動よりも検索行動につながる「興味喚起」の傾向が強いとしている。


つまり認知目的であれば有名人の投稿は有効だが、購買には友人の意見の方が影響を持っているというレポートになります。

 

有名下着メーカー「モデル写真」の修正&フォトショ加工を一切止める → 売り上げ大幅アップ!

街のディスプレイ、テレビ、雑誌、ネット、あらゆる場所で目にする広告には、美しいモデルさんたちが写っている。だがその多くが、フォトショップなどで加工修正されていることは有名な話だ。肌のくすみを消したり、ウェストを細くしたり、髪の毛を増やしたり……。

しかしアメリカン・イーグルの下着メーカー「aerie(エアリー)」は、2014年からモデルの写真修正を一切行っていない。脂肪もほくろも傷跡も、ありのまま見せているのだ。すると……売り上げが大幅アップしたというではないか!

( 中略 )

・プロジェクト始動後、売り上げ増加!

2014年に素晴らしいと話題になったエアリーのキャンペーンだが、ビジネスとしても成功したことで、今再び注目が集まっている。なんでもキャンペーンが始動してから売り上げは増加。前年比で20%の収益増加を見せ、アメリカン・イーグルの増加率をしのいだようだ。

 

 

All natural. No retouching. #AerieREAL

aerieさん(@aerie)が投稿した写真 –

実際にaerieのアカウントを見てみると確かにスタイル抜群!というイメージはない。むしろ太っているモデルさんの画像もある。でも細いモデルさんより「いいね!」数が総じて多い。肥満大国アメリカならではの傾向なのでしょうか?

 

やっぱ必要なのはリアルさ。共感やつながりが今後の消費キーワード

これらの記事からも分かる通り、今は共感や友人の紹介というようなパーソナライズされたリアルな情報が消費キーワードに変わったということです。

お客様を想像して、商品を使ったことで得られる体験を伝えていくこと。
お友だちのように寄り添って、お客様にとって身近な存在になること。

こういうことが求められるようになったということ。だから「カッコ良いことをしよう!」という自分視点から、「どうすれば伝わるかな?」と相手視点に変える必要がある。

例えば……

「カッコ付けた言葉や英語を並べているだけで、実際なにも言ってないブランドコンセプト」を載せているなら、「デザイナーやプレスが顔出して、こういう想いでつくってます」というのを載せれば良い。

「外人モデルのイメージだけのカタログ」であれば「店頭にいけば会えるスタッフの方をモデルにして、日常のシーンを切り取る」方が反応が出ます。

「新作入荷やフェア告知だけのブログやSNS」であれば、「スタッフの私服コーデやお気に入りの私物紹介」の方が読まれます。

「サマーフェアってだけで、具体的になにをしてるか分からないポップやバナー」を出しているのであれば、「吹き出しでコメント調」にする方が反応が出ます。

これ全部テストして証明済みです ( 下の関連記事や過去記事を読んでくれれば詳しく書いてあるよ! )。

必要なのは「カッコ良いことすれば売れる!」という過去の成功体験を捨てること!多分、というかほぼ間違いなくアパレルにおいては「そんなんダサくてできないよ〜」って言ってること。それが売上を上げる方法のような気がします。

The following two tabs change content below.
野田 大介

野田 大介

株式会社ファナティック代表取締役 / 買い物中毒のファッション通販アドバイザー
月刊誌Ollie magazineの編集者からキャリアをスタート。その後は、フリーライターとしてhoneyee.comやLightningなどでの執筆、複数のアパレル企業で商品企画、生産管理、店舗/卸営業、通販業務を歴任。現場の最前線で培った通販の運用実積に加え、メディア業界で培ったコンテンツ・マネージメント力、そして長年のアパレル経験と、アパレル通販を運営する上で必要な知識と現場経験の両面を網羅。趣味、というか生きがいは「買い物」

この記事を読んだ方へおすすめ

PAGE TOP