通販ノウハウ満載の通販・ECブログ | アパレルECサイト・Eコマース担当者必見の通販戦略やファッションコラムが充実

BLOG 通販担当者必見のノウハウや注目事例が満載。あなたのビジネスに貢献する通販ブログ

CATEGORY

ARCHIVE

記事を検索

3月7日20時から生放送!体験を提供して、徹底的に既存のお客様を優遇する!買い物中毒のファッション通販アドバイザーのECメソッド

2016.03.06:ノウハウ
3月7日20時から生放送!体験を提供して、徹底的に既存のお客様を優遇する!買い物中毒のファッション通販アドバイザーのECメソッド

どうも!買い物中毒のファション通販アドバイザーの野田(@KURUZE)です。お買い物してますか?

今日は、これまでもさんざん紹介してきたエクスマの金言とも言うべきこの質問から!

“お客さまは、たくさん似たような店があって、どこで買ってもいい。 あるいは、どこからも買わないという選択肢もあるのに、どうしてあなたの店で買うのか?”


「答えられない」という方。それは非常にマズい状態です。 
「商品」と答えた方。その商品と同じようなモノが他で安く売ってませんか?

もし「答えられない」、もしくは同じようなモノが他で安く売っているのに「商品」と答えた方、 厳しいようですが、あなたのお店が最安値でない限り残っていくのは難しいと思います。

良いモノが安く溢れかえっているこのご時世、お客様に選ばれるには「独自の価値」が必要になります。

「ウチには独自化できることないし……」その気持ち、よ〜く分かります。独自化って言ってもそんな簡単にオリジナルなことなんて見つかりませんよね。僕も2年くらい前まではそうでした。

でもamazonやZOZOTOWNでもなくて、あなたのお店を選んでもらうためには、やっぱり「独自の価値」が必要なんです。

そこで今回、ネット上で通販のお勉強ができる「ECキャンパスTV」にお邪魔して「体験を提供して、徹底的に既存のお客様を優遇する!買い物中毒のファッション通販アドバイザーのECメソッド 」と題して、全六回に渡り「独自の価値」を見つけるための考え方や「その価値の伝え方」をご紹介していきます!

キーワードは「モノ」ではなく「体験」を売る!そして徹底的に既存のお客様を優遇する!ということ。

正直、「数字がこう!」とか、「最新ソリューションがこう!」とか、「他社事例がこう!」とか……、そういう一般的なウェブマーケティングとは対極に位置する極端な手法だったりするので、ウチには合わないってお店もたくさんあると思います。それは、もうしょうがない。

基本的には、これまでブログで紹介していきた内容を元に、ECキャンパスTVを主宰するやまピーさんと2人で全六回の中には、初公開となるA/Bテスト事例も交えてお送りする予定です。第1回目は 3月7日(月) 20時から。

無料の会員登録をしていただければ、生放送に限り無料で視聴可能ということです。放送終了時間の決まりもなければ、2回目以降はスケジュールを見ながら随時調整というゆる〜い企画(笑)。

放映内容は下記の予定です。無料ですし、もしお時間あれば是非お付き合いくださいね!

▼ 全6回の内容はこちら▼

第一講 ( 放送日:3月7日(月) 20時〜)
商品ではなく体験を売れ! 
新規ではなく既存客を優遇せよ!

第二講 ( 放送日:未定 )
「見せる」ではなく「魅せる」!
 元ファッション誌編集者が伝授する売れる商品撮影のテクニック

第三講 ( 放送日:未定 )
顧客体験を高めてお客様との関係性を築く!
A / Bテストで分かった効果抜群の施策内容大公開  

第四講 ( 放送日:未定 )
雑誌の編集方法から学ぶ! 
売れる特集&ランディングページの作り方

第五講 ( 放送日:未定 )
楽しみながら影響力を高める!
SNS活用に必要な7つの心構え

第六講 ( 放送日:未定 )
【 総復習 】 
体験を提供して、徹底的に既存のお客様を優遇する!
買い物中毒のファッション通販アドバイザーのECメソッド

1000-215

The following two tabs change content below.
野田 大介

野田 大介

株式会社ファナティック代表取締役 / 買い物中毒のファッション通販アドバイザー
月刊誌Ollie magazineの編集者からキャリアをスタート。その後は、フリーライターとしてhoneyee.comやLightningなどでの執筆、複数のアパレル企業で商品企画、生産管理、店舗/卸営業、通販業務を歴任。現場の最前線で培った通販の運用実積に加え、メディア業界で培ったコンテンツ・マネージメント力、そして長年のアパレル経験と、アパレル通販を運営する上で必要な知識と現場経験の両面を網羅。趣味、というか生きがいは「買い物」

この記事を読んだ方へおすすめ

PAGE TOP